離婚相談・離婚回避・夫婦問題修復でお悩みなら 「鈴木あけみ」の夫婦修復相談

夫婦関係を長続きさせる秘訣

lasting01

同棲しているカップルは別として、交際している間は一緒にいる時間とそうではなく一人で過ごす時間もたくさんありました。しかし結婚してともに生活を始めるとあまりにも一緒にいる時間が長くなり、時には相手の存在を疎ましく感じてしまうこともあるかもしれません。一体この先何十年も暮らしていけるのだろうか?と不安になったりすることもあるはず。結婚生活を円満に長く続かせるコツがあるのでしょうか。常に仲良くしないといけない、出かけるときはいつも一緒にいて会話も切らさないように、など気を使わなければいけないのでしょうか。


1、常に一緒が良いことなのか?

夫婦仲が安定し、仲良く生活する家庭は夫と妻がいつも仲良くスキンシップを取っている、と思うかもしれませんが、実はそうでもないようです。常に相手の存在を確認していたい、性的にも高い満足度を得たいと考えると逆に破局する可能性が高くなります。相手の気持ちと行動への期待値が高くなり、それが自分の思いと違う方向へ行くと「こんなはずじゃないのに」と、衝突につながる、ということになるのです。もちろん仲良しなのは良いことなのですが、情熱的なことがいいのかというとこれは別の話なのです。長く続けるにはほどよい距離感。たとえ夫婦でも腹8 分目、一緒に居て心地よい同居人、くらいの愛情がちょうどいいのかもしれませんね。

2、それぞれのプライベートを充実させる

夫婦だから同じ趣味を持ち、お出かけも一緒に行かなきゃ、などという固定観念を持っていませんか?全くそんなことはありません。もちろんいくつかある趣味の中でパートナーと同じ趣味があればそのほうが良いことは確かですが、それぞれに自分の時間を楽しむことも夫婦仲を長続きさせるコツのひとつです。一緒にいると相手に干渉してしまうことが多いですが、大抵の場合、干渉された相手は嫌な気持ちになるのです。ネガティブな気持ちを持つとそこから気持ちにほころびが生じてしまいます。お互いのプライベートを充実させ、自分の気持を自由にしておおらかな気持ちで過ごすことが大切です。気持ちに余裕があると相手にも優しく接することができます。お互い思いやりが持ててほどよい接点で仲良く暮らせる、ということなのです。

3、食事と就寝は同じ部屋で

お互いのプライベートを尊重する、とはいえ、エスカレートして食事の時間も別、寝室も別、となっては元の木阿弥。距離を広げすぎるのは危険です。できるだけ食事は一緒にとり、寝室も同じにしましょう。忙しくてどうしても食事の時間が合わない、という場合には待ち合わせて一緒に外食するのも恋愛時代に戻ったようでいいものです。一緒にいる時間、プライベートな時間など、生活がワンパターンにならないようにメリハリをつけるのが長続きの秘訣です。

円満な夫婦関係を築くお役立ちコラムTOPへ戻る

相談予約はこちら

相談予約はこちら

鈴木あけみの修復ブログ

夫婦関係修復の基礎知識