夫婦関係修復や夫婦問題の解決なら離婚カウンセラー「鈴木あけみ」の夫婦修復相談

不妊治療で離婚にならない為に

こんにちは。

夫婦問題救援センター、代表の鈴木あけみです。

センターバナー

いつも読んで下さってありがとうございます。

このブログは、夫婦関係を修復したい方にも、離婚したい方にも
お役に立つ情報を提供して行きます。

今回は、不妊治療から「離婚したい」と言われてしまわない様に

どのような注意が必要かをお伝えします。

第一には
夫婦で子作りのことで何度も話し合い、合意しておく
病院選び・方法・どこまでやるのか・取り組む期間・お金のことなど

そして、相手の気持ちを掴んでおくことも重要です。
本気で取り組む気持ちがあるのか
どっちでも良いけど、貴方に合わせているのか
本心はイヤなのか

特に女性は
不妊治療は精神的にも、肉体的的にも

物すごーく負担が大きいです。

受精が上手くいかなかったり
着床しない
流産をしたり

と、なっていくと、女性は悲劇のヒロインになってしまいます。


その様な時に相手に辛さや苦しみを自分と同じ様に
感じて欲しいと思います。

まず、その感情の違いから関係が悪くなるケースが多いです。
「なんで楽しそうに遊びにいけるの」
「仕事より私を大切にして」という感じで相手に不満を持ってしまいます。

ここで夫の気持ちを振り返れればいいのですが・・・

それをぶつけられた夫側も

「○月○日にしないといけない」というプレッシャーに負けてしまう男性も珍しくありません。

突然、「もう無理」
「子供を作る為のセックスは苦痛」
「君とセックス出来ない」
と、言い出します。

えー、「協力する」っていたじゃないって、言っても
「実は初めから嫌だった」
「子供は欲しくなかった」
と、なるのです。

トラブルにならない様に

不妊治療を始める前に、夫婦でしっかりと話合いをお勧めします

※現在コメントは承認制となっております。
※ご相談者さま以外の方でURLの無いコメント、
 宣伝のためのコメントは承認致しませんので予めご了承下さい。

※コメント欄での離婚相談はご遠慮ください。

ぽちっと、お願致します!


人気ブログランキングへ

今すぐ電話してみよう!
■修復専門ダイヤル       045-211-8911
■浮気・不倫専用ダイヤル   045-642-7425
■離婚専門ダイヤル        045-633-4711

鈴木あけみ担当の場合、30分5,000円 + 消費税
「チーム鈴木」カウンセラー 1時間 6,000円 + 消費税 〜

 

センターバナー

Source: Blog

相談予約はこちら

相談予約はこちら

鈴木あけみの修復ブログ