夫婦関係修復や夫婦問題の解決なら離婚カウンセラー「鈴木あけみ」の夫婦修復相談

  • トップページ
  • > マナーの悪い、悪質な浮気を許す必要があるのか?

マナーの悪い、悪質な浮気を許す必要があるのか?

こんにちは。

夫婦修復カウンセラー、鈴木あけみです。

いつも読んで下さって、ありがとうございます。

毎回、妻に向けて夫婦関係修復・離婚回避に有効な情報を書いていますので
参考にして下さると嬉しいです。

マナーの悪い、悪質な浮気を許す必要があるのか?

答えはNO!です。

離婚したくないなら
 浮気は封印しましょう。
 許しましょう。
 問い詰めは止めましょう。
 受け入れましょう。
と、言っています。

浮気しているご主人は
浮気を隠し
うそを言って
でも、家に帰ってくる、
生活費を入れてくれて
家庭を壊そうと思っていない、マナーを持っているケースが多いからです。

マナーが悪く、悪質性が高い浮気は修復はお勧めしません。

最悪・最上級の浮気は
 浮気相手に子供を産ませてしまった

その次に
 マンションや家を買って上げた
 女性の家に入りびたりでほとんどて帰って来ない
 浮気相手の子供に「パパ」と呼ばせている
 セックスの様子を動画に撮ってPCや携帯に保存

その次が
 キスマークや爪跡を残して来て、妻に見せる
 浮気相手とのセックスの様子をペラペラ話す
 場所や時間を問わず、相手と電話やメール・ラインをし放題

こんなことをされても、
離婚したくない
なら、

何を夫に求めて、なぜ?離婚しようと思わないのか
自分の心に自問自答してみましょう。

その答えが貴女の気持ちを楽にしてくれるはずです。

マナーの悪い・悪質な浮気は許したり、我慢の必要はないと思います。

さらに深刻な状況になる前に、今すぐ電話してみよう!
■修復専門ダイヤル       045-211-8911
相談料はカウンセラーにより異なります詳細はこちらをご覧下さい
https://roombell.com/members/

ぽちっと、お願致します!


人気ブログランキングへ

バナー横


※現在コメントは承認制となっております。
※ご相談者さま以外の方でURLの無いコメント、
 宣伝のためのコメントは承認致しませんので予めご了承下さい。
※コメント欄での離婚相談はご遠慮ください。

相談予約はこちら

相談予約はこちら

鈴木あけみの修復ブログ