夫婦関係修復や夫婦問題の解決なら離婚カウンセラー「鈴木あけみ」の夫婦修復相談

  • トップページ
  • > 夫婦修復中のメール・LINEの注意点。知ってほしい事

夫婦修復中のメール・LINEの注意点。知ってほしい事

この「修復ブログ」にご訪問ありがとうございます。

オフィスベル代表の鈴木あけみです。
修復のご相談を受けて14年になります。

皆さんの夫婦関係修復のために、役立ちます様記事を書いておりますので
参考にして頂ければ嬉しいです。

夫婦修復中のメール・LINEの注意点。知ってほしい事

毎日沢山のご相談をお寄せ頂きありがとうございます。

メールやLINEについてご相談を受けることも多いです。
今の時代、夫婦にとっては大切なコミュニケーションツールの一つなので慎重に対応することが必要です。


注意点は以下の5点です。

◆深刻な内容はダメ!
離婚に関すること、別居に関することなど深刻なことは目と目を見て話しをすることが基本です。
とても長い文章のやり取りをしている方が多いですがそれはいけません。
夫婦関係が悪い方が話し合いをお勧めしていませんので、メールやLINEでも気持ちをぶつけ合うのは話し合いと同じです。
止めて下さい。

◆それまでと同じような慣れ慣れしい言葉はダメ!
馴れ馴れしい言葉で何かを伝えても、反省してない自分の状況を理解してないと感じさせ「まったくわかってないな」と怒らせてしまいます。
ご主人との距離、特に心の距離を取っていると表すためにも、敬語ではない丁寧な言葉でやり取りしましょう。

◆同居中は特にメール・LINEはダメ!
一緒に住んでいるなら、必要な伝言や意見交換はリアルにすることが重要です。
メールやLINEで済むなら、一緒に居る必要がありますか?

◆目的を明確にしないとダメ!
メールやLINEをする目的をキチント認識しましょう。
要件がある場合は簡潔に丁寧にが基本です。
時々、社交辞令的なちょっとしたメールやLINEをすれば相手がそれに応えてくれると思い込んでいる方がいます。
それは間違いです。
お金や話し合いの請求なら、きちんとその目的が果たせるような言い回しが必要です。
ダイレクトに伝えることも必要ですが、ちょとしたひねりや工夫が求められる時もあります。

◆頻度やタイミングを考えよう!
しょっちゅうは配慮がないと思われることもありますし、何度もすると「重い」と思われることもあります。
相手の状況や気持ちを推測してのやり取りを考えましょう。

ということを念頭にいれてやり取りして下さい。

個別の問題によりこれに当てはまらないケースはご相談くださいませ。

直接話が出来ない関係性なら、メールやLINEは重要なツールです。
十分にご注意の上、やり取りなさって下さい。
応援しております。

夫婦修復のご相談を専門にお受けしています。
今すぐ、電話してみよう!!
045-211-8911

★無料相談はお受けしておりません。
★鈴木あけみ担当 電話相談 30分 7,000円+消費税

修復専門相談室 オフィスベル HPは https://roombell.com/

相談予約はこちら

相談予約はこちら

鈴木あけみの修復ブログ