夫婦関係修復や夫婦問題の解決なら離婚カウンセラー「鈴木あけみ」の夫婦修復相談

セックスレスの解消は積極性と会話が重要!

毎日沢山のご相談をお寄せ頂きありがとうございます。


離婚相談の中で、浮気問題と同様に多いお悩みは
セックスレスの問題です。


セックスレスになるのはほんとうに人ぞれぞれきっかけや原因がさまざま違います。
ですので解決方法もいろいろあります。

一成功事例ではありますが、参考になさると宜しいのではないでしょうか。


先日NHKのTV番組で特集をやっていました。

国立社会保障人口問題研究所が
今年、「夫婦間の性交渉」に関する調査を発表しました。

75%の女性が「性交渉がない」と回答。さらに、80%が「現状に満足している」と答えたそうです。


この80%はしないことに満足しているのでしょうか・・それとも行為自体に満足できるということか
疑問に思っています。

 

番組内でコメンテーターのタレントさんが、「この手の話は誰とも出来ない(夫とも)」
と言っていたことにもびっくりしました。


番組内での説明など見ていて印象に残ったことは


セックスをしない方が楽で良い
 自分本位の夫との行為が苦痛、痛みを感じる


◆「3人目を作らない」と言った夫の言葉を武器にセックスを拒否できる
 「子供を作らないなら、もうする必要はないよね」と断る

妻はオーガズムを知らない人が多い
 自分の体を知る努力が必要
  上記は婦人科の先生が快感を知らないから、そこに興味もなくやらないにつながる・・と

最後に10年セックスレスだった奥様が見事解消できたという例を再現ビデオで紹介してました。
●自分から夫に「エッチしたい」と伝え
●「○○を触ってほしい」と要求


結果、積極性と会話が重要!ということになりました。

確かに!

でも・・・

それをいきなり言える関係や言う勇気や
それを求めるような自分の欲求
夫の対応や能力など
他にもいろいろ解決すべきハードルがいくつもあると、思います。


でも、解消したいなら、本気の行動が必要だと改めて確認しました。


一緒にセックスレス問題を乗り越えて行きましょう!
皆様のセックスレス解消を心より応援しております!!


夫婦関係を良好にするための情報をコラムで紹介しています

セックスレスでお悩みの方へのアドバイス

セックスレスについて

相談予約はこちら

相談予約はこちら

鈴木あけみの修復ブログ