夫婦関係修復や夫婦問題の解決なら離婚カウンセラー「鈴木あけみ」の夫婦修復相談

【相談事例141】手を挙げたこともある夫、妻は子供を連れて実家へ

こんばんは。

夫婦修復研究家 鈴木あけみです。

相談事例を紹介します。

 

【相談事例141】手を挙げたこともある夫、妻は子供を連れて実家へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ご相談者様は 夫 41歳 会社員

        妻 26歳 パート
        子供 1歳
        結婚 3年

 

◆相談内容

自分は親に殴られて育ったせいもあって、気が荒く短いです。
喧嘩の時1度手を挙げてしまったこともあります。

妻は子供への影響が悪いし、自分は親に怒られたこともないので、
「この先一緒に居たいと思わない」と言い出しました。

仲良かった時が楽しかったので、別れたくありません。

今は妻は子供を連れて実家に帰っています。
親も妻に一緒に住んで欲しい様です。
自分が親に連絡すると「本人の気持ちが大事」と相手にしてくれません。

妻に結構LINEをしてます。既読になりますが返信がありません。

妻は今どう思っているのでしょうか。

 

 

◆鈴木あけみのアドバイス

奥様はかなり離婚へと気持ちが傾いていると思います。

暴力にかんしては、貴男は常習的なDV夫とは思いませんが
言い方や考え方が威圧的で怖い印象です。

お若い奥様は相当貴男に対して恐怖心があると思います。
今は優しいご両親のもとで安心して生活しておられますよね。

 

それほどまでに手放したくない奥様を大切にしなかったことへの
返りが来ています。

残念ですが相当の努力をし生まれ変わるくらいの改善がなければ
貴男の元へ戻ろうとはならないと考えられます。

まずは短期や気の荒さ、暴力行為などを改善するための努力をしましょう。
DVやモラハラの改善プログラムを受けて下さい。

 

 

 

大まかですが、以上です。

 

個別に詳しくお話を伺うと、的確にアドバイス出来ます。
お気軽にご相談下さい。

 

■■修復に関して様々なことを説明しています■■
宜しければ参考になさって下さいませ。


離婚したくない方へ

夫婦円満!お役立ちコラム

 

 

 

 

 

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

鈴木あけみの修復ブログ