夫婦関係修復や夫婦問題の解決なら離婚カウンセラー「鈴木あけみ」の夫婦修復相談

【相談事例324】夫の子育てに甘えすぎて傷つけて来た妻

こんばんは。

夫婦修復研究家 鈴木あけみです。

 

相談事例を紹介します。

 

 

【相談事例324】夫の子育てに甘えすぎて傷つけて来た妻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ご相談者様は    妻   40歳  契約社員

           夫   46歳  公務員
           子供  8歳  6歳
           結婚  10年

 

◆相談内容

夫が1週間前に出て行きました。
手紙がおいてあり「もう我慢の限界、家には帰らない」と書いてありました。

多分理由は、子供のことです。
上の子供は自閉症で夫のことを嫌う様な態度が多いのですが
それに対する私の対応が悪く、夫は徐々に遠ざかって行きました。
それでも夫をほったらかしにしていました。

私は仕事が忙しく、平日は家庭より仕事に比重を置いていました。
夫は子供のことは誠実に面倒見てくれていました。
不満に思うのは当たり前です。

何度も連絡していますが無視されています。

又家族4人で暮らしたいです。

どうすれば良いでしょうか。

 

◆鈴木あけみのアドバイス

ご主人は強い覚悟を持っての行動だと思います。
ご主人は一人になって自分の心に向き合っていると思いますので
今はそっとしておいてあげましょう。
必ず、ご主人から連絡が来ますから、その時がチャンスです。

それまでは以下のことに集中し生活なさって下さい。
お話を伺っていて、ご家庭の中が荒んいてお子さん達も気の毒です。
今は母子3人で楽しく明るく生活できる様立て直しましょう。

そしてご主人への尊重・尊敬の無い対応や言動を反省し改善しましょう!

貴女が生まれ変わったくらいの変貌をしていたら、ご主人の気持ちも変わる可能性が
大きいと思います。
今のままで話し合ってもいい方向には進みませんので、話し合いはなさらない様に
ご注意下さい。

 

 

大まかですが、以上です。

 

個別に詳しくお話を伺うと、的確にアドバイス出来ます。
お気軽にご相談下さい。

 

■■修復に関して様々なことを説明しています■■
宜しければ参考になさって下さいませ。


離婚したくない方へ

夫婦円満!お役立ちコラム

 

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

鈴木あけみの修復ブログ