夫婦関係修復や夫婦問題の解決なら離婚カウンセラー「鈴木あけみ」の夫婦修復相談

【相談事例46】子供が発達障害、夫の協力や理解を求めすぎて現在家庭内別居中

こんばんは。

夫婦修復研究家 鈴木あけみです。

相談事例を紹介します。

 

【相談事例46】子供が発達障害、夫の協力や理解を求めすぎて現在家庭内別居中

 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談者様 妻37歳 パート

       夫35歳 公務員
       子供4歳
       結婚5年


相談内容

現在、家庭内別居状態。
きっかけは私がきちんと仕事をしたくて、正社員として2年前就職したが
子育てや家事、仕事と忙しくなってイライラや不満がたまりにたまってしまい
夫に手を挙げてしまったことです。
その後仕事は辞めましたが、1ケ月前から家庭内別居です。


発達障害がある子供の子育ては思った以上に大変でした。
自分の居場所や収入が欲しくて仕事にも固執していたと思います。
「どうしてもっとやってくれないの?」
「なんで子供を上手く躾てくれにないの?」と不満も多かったです。

とうとう「夫婦としてやっていくのは無理」と言われてしまい、子供への対応も冷たくなりました。

子供を育てる上でも、夫は絶対に必要です。
優しくて穏やかだった夫を変えてしまったのは私です。
悔やんでも悔やみきれません。

家庭内別居中の夫にどう接したらいいのでしょうか?


鈴木あけみのアドバイス

どう接したらいいかという質問にお答えすると
暫くはご主人をそっとしてあげたらどうでしょう。
部屋に閉じこもって、顔を合わせないようにしているご主人に無理に接触する機会を作るのは
逆効果です。
但し、「いらない」と言われても食事は作る様にして下さい。

姿が見えたら背中に向かって挨拶はして下さい。

ゆっくりと焦らず貴女への怒りが溶けるのを待ちましょう!

貴女は子育てや家事・パートをして当たり前の生活を積み重ねましょう。
子供さんにも穏やかに接するようにして下さい。

その裏で貴女の思考や言動の改善が必要です。
ご主人を自分の思う通りにしようとする傲慢な部分がありますね。
根本的にはそれを改善しないと修復には向かいません。

ご主人に手を挙げる・・のは普通ではないです。
そのことについては余程の改善が必要です。

障害児を持った親御さんのご苦労もお察しします。
だからこそ助け合って思いやって、協力体制が重要でしたね。

細かいことでいろいろ改善点があります。
また具体的な対応にお悩みや疑問が出ましたら、ご相談下さい。

大まかですが、以上です。


個別に詳しくお話を伺うと、的確にアドバイス出来ます。
お気軽にご相談下さい。



■■修復に関して様々なことを説明しています■■
宜しければ参考になさって下さいませ。


離婚したくない方へ

夫婦円満!お役立ちコラム

相談予約はこちら

相談予約はこちら

鈴木あけみの修復ブログ