夫婦関係修復や夫婦問題の解決なら離婚カウンセラー「鈴木あけみ」の夫婦修復相談

【相談事例150】「子供ばかり可愛がっていて辛かった」と夫から

こんばんは。

夫婦修復研究家 鈴木あけみです。

相談事例を紹介します。

 

【相談事例150】「子供ばかり可愛がっていて辛かった」と夫から

 

◆ご相談者様は妻 34歳 パート

       夫 33歳 会社員
       子供 4歳
       結婚 7年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆相談内容

1ケ月前に夫から
「父として自信が無くなった、一人になりたい」と言われました。

さらに
「子供が生まれてから子供ばかりで寂しかった。もっと甘えたかった」とも言われ
私が夫を「なんで、そんなこと言うの!」と責めてしまいました。

それから夫に無視されています。

その後、少し優しさが戻って来ましたが、どうも浮気をしていかもしれないと
思い、聞いてみたら夫は認めました。
「もう別れた」と言いました。

私は怒りや苦しみが沸いてきて何度も夫を責めました。
夫は「信じて欲しい」と言いますが、信用できません。

どうすれば信用出来て気持ちが楽になりますか。

 

◆鈴木あけみのアドバイス

信用するには数ケ月掛かると思います。
ご主人の誠実な対応が積み重なって初めて許し信用できる日が来ます。

とはいえ、ご主人の浮気は悪いですが、貴女が寂しい思いをさせてしまったことが
原因と思って、ご主人を少しは理解と受容してあげられると良いですね。

人間の行動には必ず原因や理由があります。

ご主人を責めるのではなくご自分を省みることで、許せる気持ちになるかも知れません。

あまり強気に出てご主人から「やっぱり無理!離婚して欲しい」と言われない様に
なさって下さい。

 

 

 

大まかですが、以上です。

 

個別に詳しくお話を伺うと、的確にアドバイス出来ます。
お気軽にご相談下さい。

 

■■修復に関して様々なことを説明しています■■
宜しければ参考になさって下さいませ。


離婚したくない方へ

夫婦円満!お役立ちコラム

 

相談予約はこちら

相談予約はこちら

鈴木あけみの修復ブログ