夫婦関係修復や夫婦問題の解決なら離婚カウンセラー「鈴木あけみ」の夫婦修復相談

何でも妻が自分の親に報告するのが苦痛

家族構成とご夫婦の状況

夫 39歳 会社員
妻 29歳 無職
結婚 7年
子供 4歳 2歳

夫の言い分・要求

妻は仕事もしてないこともあり、毎日のように実家に帰っている。
帰るのは良いが、日々の家庭で起きてることや、夫婦の会話など何もかも親に報告している。
そのため、自分が妻の親にあると細かいことから、要望などいろいろ言われるので困っている。
夫婦のことには口出しされたく無いと何度も言っているが妻親が上から目線で「娘には○○させないでほしい」
「なんど○○って言うの?」と言ってくるので辟易している。
このままだと家に帰りたくなくなり、やがて・・・・と思うと今何とかしたいと思っている。

妻の言い分

子供2人の育児が大変なのと休養を兼ねて毎日のように実家に帰っている。
母は私のことが心配で何でも聞いてくるので、ついつい言ってします。
母には絶対に言わないでと伝えているが、夫の顔を見ると言ってしまうらしい。
母は悪気はないので、夫に寛大に捉えて貰いたい。

鈴木あけみの解決・アドバイス

奥様は社会経験も少なく、外で働く夫をサポートしようという考えが少ない様に感じます。
いくら実母へでも言っていい事と悪いことがあることもわかっていない。
夫婦の夜の生活のことや、給料のことを包み隠さず言うのは間違っている。
結婚は親からの自立でもあります。
実家に帰るのは悪くはないが、週2~3日くらいにして、夫婦の住まいの掃除や料理をやったらどうでしょうか。
という提案を了承して頂きました。

奥様には妻としての自覚を持ち、まずは自分の家でやるべきことをしっかりやって
実家へは少しの時間遊びにいくといく気持ちで!
夫婦関係の良いところだけ、お母さんには伝えましょう。
ということでお二人とも納得して下さいました。
お母さんには夫婦の問題は今後言わないことを約束して頂きました。

相談予約はこちら

相談予約はこちら

鈴木あけみの修復ブログ