夫婦関係修復や夫婦問題の解決なら離婚カウンセラー「鈴木あけみ」の夫婦修復相談

相手が離婚に応じない場合

rejection01

 

相手が離婚に応じない場合、これは離婚したい側にとってとても深刻な問題です。
若くて結婚年数が浅いご夫婦によくあるのは相手への恋愛感情が残っていて離婚を受け入れられないケースです。
まだ好きだから、まだ気持ちが残っているから離婚したくないといった理由で離婚を拒否します。

 

結婚年数が長い熟年のカップルの問題の多くは、妻は一人で生活していく不安が大きくて、離婚したくないと仰います。いわゆる経済的な事情です。財産分与や年金分割を十分にしてくれるのなら、考える余地もあるのでしょうが、嫌になった妻への冷たい態度や心無い条件では離婚への気持ちにはなれないのでしょうね。

 

夫が拒否するケースは、一人になりたくない、生活すべてを妻に依存してきたので生活自体儘ならなくなる生活への不安感が強いです。また、これからは好きなことをして人生楽しみたいという夫へ妻側は自分勝手な言い分に納得できずに、離婚を拒否します。

 

相手が離婚に応じないケースは非常に難しい?!

どのようなご夫婦でも結婚年数が長い短いは関係なく相手が離婚に応じないと困って弁護士さんへ相談に行かれるようです。そうなると、まず最初にアドバイスされることは「別居」です。「別居しなさい」と言われます。同居していて別れたいは通用しないというのが法に基づく弁護士さんのお考えのようです。そして、弁護士さんを代理人に立てると、直接の連絡は出来なくなります。

 

弁護士さんによっては、積極的に離婚を進めて来られる方もおられます。
離婚したい側なら、そんな弁護士さんはありがたい存在なのですが、離婚したくない側は脅威でしかありません。その脅威に負けて離婚に応じる方も少なくありません。

 

もし若くて同居中のご夫婦で相手が離婚に応じないなら時間を掛けて、相手がその気になるまで話し合いをし険悪な空気のまま生活を続けるしかありません。どうしようもなく辛くなったら、事前に別居を伝えて出て行くことです。

 

その話し合いも仕方によっては相手をどんどん頑なにすることもありますので、あくまでも冷静な対応が望ましいです。
相手が離婚に応じないケースは非常に難しいので、個別にご相談いただけると有効なアドバイスが出来ます。

 

お気軽にご相談下さいませ。

相談予約はこちら

相談予約はこちら

鈴木あけみの修復ブログ

夫婦関係修復の基礎知識

こんなこと聞きたい質問集

夫婦円満お役立ちコラム

男性のための夫婦修復相談

対面での離婚・修復相談(横浜)

夫婦修復カウンセラー養成講座